2015年6月24日水曜日

台北のY字路③(萬華)


きょうのY字路。

龍山寺のちかく、オールドタイペイ・萬華(艋舺)の一角。

台湾の古いビルのどれもが、かくもこう「沢田マンション」(高知にある、素人が勝手に建てた鉄筋コンクリートマンションで『日本の九龍城』の異名をとる)的なのかといえば、まさに「沢田マンション」と同じく違法スレスレの増改築が繰り返されてきたからだ。
部屋を広くするためにベランダは潰すorのこす、クーラーの室外機はどこにでもつけるorつけない。もちろん、最上階の住人は勝手に屋上に部屋を増やして他人に貸す(加蓋といって、現在は違法となった)。修繕費など積み立てないので、いつまで経っても外見は汚い。

こうしてこのY字路の雑居ビルも、今にもガタガタと動き出しそうな「ハウルのうごく城」のようになった。










0 件のコメント:

コメントを投稿