2015年8月2日日曜日

台北のY字路⑨(台北駅北門)


きょうのY字路。

1930年代の地図

1930年代の日本統治時代の地図そのままに、
清代に建設された城郭「台北城」の表玄関「北門」の目前に位置する、由緒正しく格調高いY字路


台北屈指のカメラ街でもあり、あらゆるメーカーのカメラがここで取り扱われ「撮影街」とも呼ばれるほかは、隣に台北郵便局の姿もあり、付近に銀行もおおく見つかるなど、かつての面影を色濃くのこしている。

「台北城」の門があったのは、北門・南門・小南門・西門・東門の5ヶ所だが、当時のままのこされているのは、ここ「北門」だけだという。
ふりかえって北門を見ると、ぽっかり口をあけたキャラクターみたいだ。
Yの切れ込んだ先端がちょうど口の穴へ吸いこまれている。



0 件のコメント:

コメントを投稿