2015年9月24日木曜日

【邦画】陽光只在這裡燦爛~そこのみにて光輝く


【そこのみにて光輝く / 陽光只在這裡燦爛】
監督:呉美保 
出演:綾野剛、池脇千鶴、菅田將暉、高橋和也、火野正平


主演女優が池脇千鶴さんなので、やっぱり観に行った。
題名の「そこのみにて」の「そこ」は、漢字の「底」という意味もあるらしい。

鉱山採掘の仕事中の事故がトラウマになり、主人公(綾野剛)がまいにち酒びたりでブラブラしているところ、海辺のバラックに住んでいる一家と交流するようになり、そこの姉(池脇千鶴)と恋に落ちる。
ひとりで一家を支える池脇千鶴の悲惨な境遇が明らかになるにつれ、綾野剛はこの一家を救うためにもう一度仕事を始める決心をするが、未来に希望が見えたかとおもったとき、事件は起こる。

これを観ながら思いださずにいられなかったのが、先日ブログでも紹介した台湾映画「酔・生夢死」。
http://taipeimonogatari.blogspot.tw/2015/08/blog-post_28.html

「そこのみにて光輝く」もコレに負けるとも劣らない激鬱設定の作品で、主人公がトラウマ抱えて酒びたりで生きているとこから話の流れまで、まるで双子みたいによく似ている。
(クライマックスで使用される凶器まで被ってるのも見もの)

同じ時期に、台湾と日本でこういう似た映画が作られたことに加え、テーマは真逆なところも興味深い。

「酔・生夢死」が「ひとを救うのは死である」というのに対し、「そこのみにて」は「人を救えるのは愛しかない」と言い切る。


印象深かったのは、惹かれあう綾野剛と池脇千鶴が海の中で抱擁する場面。函館の暗くて沈んだ色の波をかき分けかき分け、ようやくお互いまで辿りついて溺れそうになりながら抱きしめあうシーンがひどく美しかった。
あと、濡れ場。
池脇千鶴の脱ぎっぷりも相変わらず素晴らしいけれど、すごく自然な感じなのが最近観た映画のなかではピカ一。女性の監督ってこともあるのだろうか。

脇を固める菅田將暉、高橋和也、火野正平もいい。

とくに高橋和也は益々暑苦しい円熟味が増して、見ごたえあり。

後ろに座っていた日本人らしき年輩の女性三人組が、どういう理由でこの映画を観に来たのか判りかねるけれど(函館とかこの映画関係者が知り合いとかかも)、終わったあとに「・・・すごい映画だったわねえ」「こんな映画だったとわねえ・・」と、呆然としたような、しぼりだすような声で口々に言った。

0 件のコメント:

コメントを投稿