2016年2月24日水曜日

【香港映画】「葉問3」


見逃していた「キングスメン」をDVDでようやく観られて期待通りめちゃくちゃ面白かったのだが、最初の殺陣のシーンを観ていて、先日台湾で公開されて観に行った「葉問3」を思い出していた。この手の殺陣の優雅さにおいて、香港のカンフー映画はやっぱり一朝一夕で出来たものではないし、抜きんでているのがわかる。
今回の一番の見どころは勿論、あのマイク・タイソンと葉問が戦うところだろう。一作目ではイギリス人の白人ボクサーだったのが、今度はマイク・タイソンとめちゃくちゃスケールアップ。70年代カンフー映画華盛りの頃の「片腕カンフー」とかギミックばりばりな展開を期待させるが、そこはそれで元・世界王者へのリスペクトが感じられる持っていき方で好感が持てた。
香港の古いアパートメント、インテリア、女優陣のチャイナドレスに化粧、どれも美しい。
そして最新のCGが駆使されたアクションシーン。CGが発達すれば発達するほど、リッチテイストのカンフーアクションが観られるのはまさに眼福といえる。

とはいえ、いちばんの葉問は誰かと問われれば真っ先に思いつくのはやっぱりアンソニー・ウォンで(アンソニー大好き!)、しかし、実はまだ「グランドマスター」を観ていないという体たらくなので、「最強の葉問」を決めるのはト二―レオンの葉問を観てからでないと語るに落ちるだろう。

ところで、ブルース・リーのそっくりさん(ちょっとシャクれてるけど)が出てきたところ、あそこ笑うシーンだと思うんだが、他のお客さんてば全然笑ってなかったなあ。
台湾の映画館で映画を観ていると、笑いのツボがずれることが少なくない。
これもこれで、台湾で映画を観る醍醐味なワケだけど。


0 件のコメント:

コメントを投稿