2016年3月31日木曜日

【映画】The Lobster ~愛は盲目(Love is blind)。



「浅い海の岩礁や砂礫底に孔を掘って単独生活をする。寿命は極めて長く、推定年齢100年程のものも発見されたことがある。
(Wikipedia「ロブスター」より)

それは過去にも見えるし、近い未来にも遠い未来にも見える。
その社会システムでは、「独身者」になると強制的に「ホテル」に送られ、45日以内にパートナーを見つけなければ動物に変えられてしまう。社会の厳格なルールに從えるものだけが、社会に出て生きて行くことを許される。
ある日、突然妻に離婚を言い渡された主人公デイヴィッド(コリン・ファレル)も例にもれず、すぐさま「ホテル」へと送られた。もしパートナーを見つけられなかったら、何の動物になりたいですか?の質問に、「ロブスター」と答えるデイヴィッド。理由は、100年以上も長く生きることが出来るからだという。
周囲が次々とパートナー探しに成功、もしくは脱落していくのを観ながら、デイヴィッドはデッドラインの前日ついにパートナーを見つけるが、妻から次々と与えられる苦痛を受け入れがたくなったデイヴィッドは、ついに彼女を殺して「独身者の森」へと逃げ込む。
「独身者の森」は、独身者が排斥される社会から逃げ出して来て、独身主義を貫く人達の集まるコミューンである。ここでも厳しいルールのもとに皆が暮して居る。ご法度は「恋愛」で、もしも仲間同士で恋に落ちてしまうと、恐ろしい刑罰が待っている。
だがデイヴィッドは、「パートナーがいることが絶対的な社会」にウンザリして逃げ出してきたにも関わらず、「パートナーを作っては絶対にならない社会」で、恋に落ちてしまうのだった。

不条理な世界観に満たされた本編はおかしな整合性もあって、「覚醒」しながらヘンテコな夢を観ているみたいだ。夢の中では得てして、辻褄が合わないのに夢の中の自分は奇妙に思わないまま物語が進んでいくが、この映画を観ている間はまさに同じような感覚が味わえる。
描かれるのは、あらゆるパターンの人と人との関係性の形である。

アメリカでは「結婚」していない男性は信用されず仕事で高い地位に就くことが出来ないというような話を聞くが、日本の安部総理などの発言に代表される「良妻賢母」幻想なんかを思えば、あながちこの設定を嗤うことも出来ない。
逆に、「独身者の森」で思い出すのは「女の敵は女」的な(自民党の女性議員にも多い)、最近とみに耳にするようになった日本の職場状況についてだ。
現在職場で高い位置についている女性には、仕事のために結婚や子供を持つことを犠牲にしてきた人が少なくない。だから、下についている女性部下は「結婚」「出産」することで目の敵にされ、良い仕事を与えて貰えなくなった結果ついに退社する、というパターンが頻繁に起こっているらしいのだが、まさに「独身者の森」を率いる女リーダーが「愛し合ってしまった」仲間に与える強烈な制裁に似たものを感じる。
(これは上司の方にも言い分は沢山あるはずで、むしろ悪の根源は一向に政策が進まない日本社会にあるのは明らかだ。女性が仕事も結婚も育児も全部あきらめなくてもいい台湾では、また違った見方があるかもしれない。これを観た台湾の人が居たら、そのあたりを聞いてみたい)

恋に落ちた二人は、異なるヘッドフォンで違う音楽を聴きながら二人の動作を合わせてダンスさえ踊れるようになる。独身者の仲間に見つからないように、お互いだけがわかるジェスチャーで愛を交わす二人。が、やがてその関係は女リーダーの知る所となる。
結局どちらの社会でも暮すことが出来ない二人がたどり着いたのは、「盲目」の世界であった。

Love is blind、「愛」は「盲目」にならなければたどり着くことができないのか?
「愛」のために「盲目」になれるのか?
この疑問は恐ろしい。恐ろしいけれど、もっと恐ろしいことがある。この映画は「コメディ」なんである。
確かに、愛も、生も、死も、夢が覚めてしまえば笑い事でしかないのかもしれない。

それでも、わたしたちは時に「盲目」に、なるしかない。












0 件のコメント:

コメントを投稿