2016年5月18日水曜日

【台湾ドキュメンタリー映画】靈山 The Mountain~一滴の水が地面にしみとおるように暮らす





今年で十回目となる「TIDF/台湾國際記録片影展」(台湾国際ドキュメンタリー映画祭)で観た作品。

とあるタロコ族のおじいさんは現代生活の中にありながら、部族に伝わる伝統的な狩りやお供えの儀式を黙々とこなして日々を送っているが、その生活を記録した映像の合間合間に、日本時代と戦後に制作された記録映像、そして1980年代に沸き起こった原住民によるデモ運動を記録した映像が挟まれる。

日本統治時代・国民党時代に制作された記録映像は、それぞれ「原始的生活の近代・現代化」というテーマで作られており、原住民の同化がすなわち当時の政府のプロパガンダとして作用していた事が示され興味深い。其れに対して1984年から始まった「臺灣原住民族正名運動」の、自らのアイデンティティを示す部族名・姓名・地名などを回復するよう政府に求める原住民の人々が、各々伝統的な衣装を身にまとってケタガラン大道を埋め尽くした記録映像も圧巻であった。


さてこの作品に出てくるおじいさん、じつは監督の祖父だそうだ。
フィルム(驚くべき事にこの作品は16ミリで撮られている)には、誰に何を言うことも言われてやることもなく、ひたすら自分の領分を守って淡々とやるべき事をやりながら日々を送る、そんなおじいさんの暮らしぶりが素直にフィルムに焼きつけられている。その非常にシンプルな描き方に好感を感じるとともに、大江健三郎の長編小説「燃え上がる緑の木」の最後に出てきた、こんなセリフを思い出した。

「本当に魂のことをしようとねがう者は、水の流れに加わるよりも、一滴の水が地面にしみとおるように、それぞれ自分ひとりの場所で、『救い主』と繋がるよう祈るべきなのだ。」


日本時代には「蕃族」「高砂族」と呼ばれ、戦後は「山地同胞」と呼ばれた原住民。日本人に漢人という、異なるふたつの支配者にまたがって同化政策を受けながらも、伝統的な暮らしぶりを「祈るように守ってきた」このおじいさんのような方々にたいして尊敬の念を禁じ得ないとともに、作品に示された数々の歴史を経て、蔡英文新総統により先日政策発表された中の

「原住民こそが台湾本来の主人であり、その生活と文化は尊重されるべきである」
http://iing.tw/posts/46

という言葉に終に辿り着いたのかと思うと、胸が熱くなった。


この若い監督によるこの作品は今回、審査員特別賞を受賞した。
先日の「只要我長大」の感想でも書いたように、地方の原住民を取り巻く環境は厳しいが、
http://taipeimonogatari.blogspot.tw/2016/03/blog-post_25.html
それを原住民自らの手できちんと問題視して作品として描く流れができつつ有る現状を見れば、先行きは明るいようにも思える。
20日には新総統が就任するが、これからの「原住民映画」にも大いに期待したいところだ。



「靈山~The Mountain」
蘇弘恩/2015 /台灣 /60min



0 件のコメント:

コメントを投稿