2016年7月24日日曜日

【イラン映画】Jafar Panahi's Taxi/計程人生/タクシー ~薔薇と罪は地続きにある



先日、ご主人の海外駐在に付き添って中東にしばらく暮らしておられた方と話した。
そして、「サウジアラビアなどに比べたら、イランはずっと女性の自由度が高い」というお話をふむふむ、と伺った。
ちょうどこの「タクシー」という映画を観たあとだった。
日本や台湾にいて、しかも現地に一度も行ったことのない人間にとっては、世界を騒がせている「IS」や自爆テロのニュースでもちきりなイスラム世界全体がひとしく漠然と「なんかめっちゃ怖いとこ」っていう認識にどうしてもなってしまうのだが、
もっとピンスポットな問題を見せてくれる映画や詳しい人の話を聞くことで、彼・彼女らが抱える問題が自分とは遠い異世界のことではなく、地続きのところにあると理解する糧となる。

この「タクシー」もそんな映画のひとつだ。

監督のジャファール・パナヒ(jafar panahi )は、つい先日亡くなったイラン映画の巨匠、アッバス・キアロスタミの助監督をつとめていた人。
女性差別をはじめ、一貫してイスラム社会やイラン国内の問題を描き続けているが、ユーモアも織り混ぜた穏やかなスタイルがより当局の神経を逆なでするのだろうか?イランで暮らすサッカー・フリークの女の子達を描いた(イランでは女性がスタジアムでスポーツを観戦することが禁止されている)
「オフサイド・ガールズ」(2006年)は、国内で公開禁止の憂き目にあった。
その後の大統領選でも、改革派を支持して自宅で逮捕・拘束されるなど、「反体制」な映画監督としてはイラン国内でも有名人らしく、映画の中でも
「あら!監督じゃない!どうしてたの?」
みたいなやり取りがなされる。

それ以来、実質的に映画が撮れない状況にあるらしいパナヒ監督の最新作がこの、ドキュメンタリーなのかフィクションなのかイマイチわからない傑作「タクシー」だ。

映画は、タクシーの運転手を始めたパナヒ監督の目線で展開する。
最初、タクシーに乗り合った女性客と男性客は、女性の権利について言い争いになる。
イランのタクシーシステムがよくわからないが、どうやら相乗り制で、先に乗っている乗客の行き先を理解したうえで乗り込む、そんな感じみたいだ(運賃をどうやって計算するのかは不明)
最初の客が降りた後も、違法に海外から輸入したDVDを扱う胡散臭い男や、交通事故で血だらけの夫が死にかけている夫婦や、目的地まで水槽で魚を運ぼうとしている年配の女性や、様々な人が乗り込むが、総じて男性はせせこましく、女性たちはやたらめっぽう元気がいいのが印象的である。

映画の後半、監督はじぶんの姪っ子を学校にピックアップしにいく。
(この姪っ子がすごい。とにかくすんごい口の立つ女の子で、しかも可愛い)
姪っ子はカメラを構えている。学校の課題で短編ビデオをとることになったのだ。だが、作品には先生が規定した様々なガイドラインがあり、それを守らなければ課題として提出することが出来ない。

かつては特権的だった「映画制作」という仕事が、いまやポータルな機器を通して子供の宿題レベルにまで降りてきている。
しかも「映画のプロフェッショナル」であるパナヒ監督が国家的な制約によって撮れないかわりに、子どもたちがカメラを手にし、これまで「撮る」側であった監督にレンズを向ける。
しかし子どもたちの世界でも、様々なガイドラインに沿わなければ作品は学校で認められない。結局、国家の検閲体制から逃れることは出来ないのである。

途中、監督が車を離れ姪っ子が街を撮影している間、見知らぬ少年が窃盗を働いている現場が映り込む。姪っ子は少年を呼びつけ
「あなたのせいで盗みの現場がカメラに写り込んでしまった。これは学校の課題のガイドラインに反する。もう一度カメラを回すから、盗んだものを戻してくれ」と頼む。
少年はそれに從う。

少年が盗んだから、それがカメラに写り込んだ。
しかし、学校のガイドラインに沿えば、それをあらかじめ無かったことにしなければならない。
ここに、パナヒ監督の、イランにおける「映画」や「自由な言論」に対する強烈な不安と風刺が込められているように思える。

一番最後にタクシーに乗り込むのは、真紅のバラの花束を抱えた女性人権弁護士だった。
監督とおなじく改革派として仕事を失っているが(劇中だけでなく、実際の本人もそうらしい)、ペルシャの象徴であり「自由を希求する」シンボルとしての真紅の薔薇を一本、監督にわたす。

最後の目的地において、車のフロントに置かれた一本の薔薇ごしに、銃撃戦がおこる。
車に置きっぱなしにされていた姪っ子のビデオも、盗まれたのか、警察に没収されたのかはわからないが、なくなってしまう。姪っ子が持っていた「カメラ=最後の砦」が、「自由を希求する」象徴である薔薇ごしに無くなってしまうといのは、本当にモノスゴイ皮肉であるという他ない。


「バラ、イスラム教」でぐぐってみた。
ウィキペディアには、「真紅の薔薇=唯一神・アラーをあらわす象徴」とある。シーア派のシンボルも、真紅の薔薇をかたどったものらしい。
あれ、女性人権弁護士さんは、「自由への希求」のシンボルと言ってなかったっけ?

いま世界各地で、一集団の「正義」の名のもとに多くの命が失われていっているニュースを毎日のように聞く。
タクシーの内と外。正義と罪。自由と不自由。実はどれもが地続きにあり、はっきりと何処かで線を引くことは出来ないのだ。


「危ないのは、あっちがわ」
これまで、なんとなくそういう感覚を当たり前のように享受してきた私たちに、パナヒ監督は微笑んでこう聞いている。
「どこからがそちらで、どこからがこちらなのだろうね?」

「タクシー/計程人生/Jafar Panahi's Taxi」
監督 ジャファール・パナヒ jafar panahi  賈法爾·帕納希 جعفر پناهی
イラン Iran/2015(2016年台湾公開)













0 件のコメント:

コメントを投稿