2017年5月18日木曜日

【中国映画】喜歡你~金城武、越来越喜歡你。

上海租界にある古いクラシックホテルで働く天才的シェフの周冬雨(去年の金馬奨で主演女優賞)が、ホテルを買収に来たドがつく大富豪でドがつく食いしん坊の金城武の胃袋をつかむ話。
「赤い薔薇ソースの伝説」ぐらいやれとは言わないが、食に性愛を暗喩させるならもちょっと破綻した部分があれば尚良とも思うけど、ヒロインの周冬雨の天真爛漫で危うい存在感が唯一そこを救っている。
ふぐの毒にあたって大雨が降る幻覚の中、二人が相合傘で上海の夜の街にさまようシーンが良くて、上海に行きたくなった。
料理で男の胃袋を掴んだとしても、風邪が治る如くふぐの毒が抜けるが如く恋は必ず覚めるので、覚めたあとは仕事としてでもなくパーフェクトな三度の食事を作り続けるのって大変な労苦じゃないかなーとすれっからしの頭で考えるバカボンのパパと同じ年のわたしは、むしろライバルシェフの志玲姐姐の立場に共感してしまうのでした。
それにしても金城武がますます面白いかんじの色男になっていて悶えたわ。
食いしん坊にはオススメの映画です。

0 件のコメント:

コメントを投稿