2017年8月17日木曜日

【山口県の旅】萩の猫寺・雲林寺




山口縣萩市的山裡有一家貓寺「雲林寺」,就是貓奴天堂,交通非~常不方便 ,但為貓奴一定會有值得去。特別驚訝的是他們的手冊漫畫有英文版,還有中文繁體版啊!好像不少的台灣跟香港貓奴朋友已訪問過了,欸,你們的熱情真的太厲害了吧!
山口県で話題沸騰の猫寺、「雲林寺」さんに伺いました。
岡山のご出身である角田和尚さんが、色んなものに導かれるようにたどり着いたここ萩郊外の山村では、予想をうわまわる「猫愛」な世界がくりひろげられています。
昭和の曹洞宗の偉人で無為自然を説いた澤木興道師の本を読んで、仏道を志したものの、このままでは人生修行が足りないのではと思い直し、印刷会社でサラリーマンをして名古屋・東京と都市生活を過ごした角田和尚。
あらためて臨済宗へと弟子入りし、小僧としていろんな地に訪れているうち、山口に縁を得て現在の雲林寺へと赴任しました。途中、岡山で招き猫収集家だった伯母様の遺品を引き継いだあとから、いろんな方の猫グッズが奉納品として続々と集まるようになり、今に至ります。

檀家も多くが地を離れている萩の山奥で、赴任当時は雨のたびにバケツをもって寺中を走り回っていたそうですが、10年後に結婚、現在は奥様とお二人の子供さん、4匹のニャンコ(本物)、600体近くの猫像とともに、各国からお客さんを迎える毎日を送っています。本尊前には、なでるとご利益がある「びんずるさま」に倣った「びんずる猫」さま、お寺の中でみられる多くの猫像は、国際的大会でも多く入賞経験のある地元のチェーンソー・アーティスト、林隆雄さんのお手になるもの。
庭では、肉球が魅力的な猫手塔が屋根にたつ庭のほこらまわりを、ネコハギ・ネコノチチ・ネコノメグサ・マタタビなど、「猫草」たちが自然な姿でノビノビと身を伸ばしています。
また、和尚みずから企画・デザインしたグッズたちが本当にかわいい。本来なら欲から離れるための「禅寺」なのにも関わらず、物欲にまみれてしまうこと間違いなしです。


もうひとつ感動したことがありました。
萩の猫伝説を解説する漫画のオリジナル冊子が、中国語の繁体字版もあるのです(あとは英語版)。ここ一か月、山口県を取材でまわっているなかで、特に「看板やメニューに簡体字だけではなく、繁体字中文を足してほしい」という要望を伝え続けてきた身としては、格別にうれしく思いました。
雲林寺の山号は「栖月山」。わたしの「栖来」の字とおなじです!ご縁を感じるなあ。
なんだか懐かしい親戚を訪ねたような気分でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿