2018年4月1日日曜日

【變身怪醫@國家戯劇院】酒と涙とジキルとハイド~これ以上ないほど「三谷幸喜してる」芝居の結末とは




三谷幸喜氏演出のお芝居『變身怪醫』(原題:酒と涙とジキルとハイド)を観に行ってきました。三谷映画は台湾でも人気があるうえに、ラブリンこと片岡愛之助氏も御来台ということで、会場はほぼ満席。
じつは三谷幸喜のお芝居を観るのは初めてでしたが、三谷氏が映画作品のなかで繰り返し描いてきた「ひとりの人間の中にある多面性と滑稽さ」というエッセンスを凝縮したようなお芝居で、まさにザッツ・三谷幸喜!という秀逸なシチュエーションコメディ(以下ネタバレあり〼)。
あらすじは悲劇『ジキル博士とハイド氏』の設定だけを借りて、喜劇仕立てにしたもの。人間の善と悪、両面性を別人格に分離することに成功したという触れ込みのジキル博士(片岡愛之助)が、実は実験に失敗しており、売れない役者のビクター(藤井隆)を自分の「悪人格・ハイド」としてお芝居を仕込んで、翌日に控えた学術発表を乗り切ろうと企む。
実験室でのリハーサル中に、ジキル博士の許婚者イブ(優香)が実験室を訪ねてくる。野蛮で悪人のハイド(藤井隆)に惚れてしまったイブが、自分も理性の殻をやぶろうと薬を飲み、プラシーボ効果(本来は効果のないものを、自分で効果があったと暗示にかけること)で非社会的な悪人格「ハイジ」に変身してしまう、およそ一時間半が一幕、登場人物は4人のみのドタバタ劇。
テンポの良い安定したお芝居で会場は爆笑の渦(途中、フランスパンの代わりに「油條」を登場させるサービスもあり)。舞台の両ぎわに中国語字幕が出ており、字幕のタイミングや翻訳もよかったのか、台湾の人にも超絶ウケていて、演じてる方はさぞかし気持ちよかったでしょう。映画館でもそうなんだけど、日本人と台湾人でウケるポイントも微妙にずれがあったりするので、それも現場で観る楽しさのひとつ。
四人の登場人物もそれぞれ上手で、ラブリンはさすが歌舞伎俳優だけあって、腰から下に重心がある感じで物凄い安定感。あと、意外にも優香が華奢なのに体幹強そうな芝居を見せていた。優香は昔からけっこう好きなタイプですが、こんなにお芝居できるんだ!と嬉しい驚き。音楽もビブラフォンやパーカッション・管楽器などの生楽器による即興演奏で、ドタバタしてるのに軽やかで、繊細で練られた効果音に日本ぽさがにじみ出て、とてもいい。
興味深かったのが舞台装置。スクエアな箱を斜めに切ったような感じで、屋上二階部分が沢山の生楽器(パーカッションやら鍵盤・管楽器など)が並べてあるお二人のミュージシャンによる演奏スペース、そこから階段を降りていくと、1階部分は沢山の薬品などが壁に並んだジキル博士の実験室になっている。
この装置、ひとりの人間の頭というか「精神」っていう風にも観ることが出来る。沢山の楽器が所せましと並べられている屋上(二階)部分が脳みそで、一階の実験室は心の奥底の深層心理、一階と天井をつなぐ階段は神経みたいなものかもしれない。四人の登場人物はそれぞれ、人間の深層心理のなかに渦まく「建前」「面子」「名誉欲」「性欲」「創作意欲」「正義感」「衝動」「客観性」「親愛」「嫉妬」なんてものを象徴していて、屋上の脳みそ部分が深層心理に釣られて音を出したり、逆に音に釣られて精神が動いたりっていう、人のこころの動きの複雑さが、ひとつの舞台構造から醸し出される。こういうと、「悲しみ」「喜び」「笑い」「怒り」などの感情をキャラクター仕立てにしたピクサーの傑作アニメ『インサイドヘッド(inside-out)』に近いかも。
一人の少女の成長を描いた「インサイド・ヘッド」に対し、こちらの舞台の結末は、婚約者のイブに去られたジキル博士の薬が「酒と涙」と融合した末に化学変化を起こし、ついに薬が完成したと思われるが、飲んでみても、結局はジキル博士に何にも変化は訪れなかったというもの。
つまり、どんな変化や変化をもたらしそうと思われる事があったとしても、結局は人間そう変わりやしないってことで、観客の笑いがクライマックスになったところで幕。
なーんだ、これって三谷幸喜作品そのものじゃん!!!映画はじめシリアスや色んな分野ものに挑戦しているけど、結局のところはこの「酒と涙とジキルとハイド」みたいなシチュエーションコメディ舞台こそが本懐で、結局そこの芯の部分は変わらないっていうか変わりたくても変われない事の自嘲的な笑い。
「役者」を演じる役者の藤井隆、「人間の二面性を証明する芝居」を打つラブリン。「作品が作品を語る」というメタフィクションの入れ子構造になっているこのお芝居の究極は、「三谷幸喜」とは何かを三谷幸喜自身が語るっていうメタフィクション。
どうりで終わった後の感想が、「あー大満足!三谷幸喜でお腹いっぱい!」って感じになるわけだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿